代表のBlog

10月27日に恵比寿の日仏会館で実施予定の遍路講演の打ち合わせのために上智大学名誉教授ミュリエル・ジョリべ氏と広尾でお会いしました。昨年秋にパリとベルギーで実施した遍路講演を、今回は在日フランス人にしようと言う試みです。フランス語での講演に日本語の同時通訳がつきます。乞うご期待を!!

遍路講演

遍路講演



Jolivet Muriel

Jolivet Muriel

㈱ドットライフ代表で友人の島田龍男氏(東京在住)Facebook:https://www.facebook.com/tatsuo.shimada
を塩飽諸島の本島と手島にお呼びし、昨年の暮れにWEB取材してもらってから半年が経ちました。その後、彼は1カ月かけて日本最南端の島から、北は北海道まで様々な島の取材をしたそうです。彼曰く『瀬戸内海の島は内海に面しているので、自然も人も穏やかで優しい。これから観光地としてインバウンドに最適な場所になっていくような気がする』と言うコメントをもらいました。今後の島の活性化プロジェクトについて、具体的な意見交換ができました

DSC_1165

 

 

 

 

さぬき広島の海岸にて

 

ゴリラが正面玄関でお出迎えと言う遊心一杯の「ほぼ日」の青山オフィスを訪れました。あらゆるところにクリエイテブな雰囲気が漂っています。私の後ろに写っている門はお寺から譲り受けたそうです。

!cid_15c734e759945419f281DSC_0124

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は取材でいつも御世話になっている藤田さんから島根県隠岐郡海士町の活性化プロジェクトについてhttp://kirari38.net/town/twn010.html貴重な情報を頂きました。

島根県隠岐郡海士町


海士町の所在地


海士(あま)町は、日本海に浮かぶ島根県隠岐諸島のうちのひとつで、人口約2,400人の島。本土からはフェリーで約3時間、かつては北海道夕張市と同じく財政再建団体になることさえ予測されていたというこの離島には、過去10年間で400人以上の移住者がやって来て、その半数以上がIターン。アイデア溢れるIターン者が、全力で改革に取り組んでいるとの事、今後、瀬戸内海活性化プロジェクトを進めるうえで大いにヒントになりそうです。