代表のBlog

今日は「花と昆虫の楽園キャンペーン」の打ち合わせのため、四電ビジネスの方々と手島を訪れました。

どこまでも青い海と空、小鳥のさえずり、目の覚めるような若葉、すべての生命が息を吹き返す季節がここにあります。
手島はまさに生き物の楽園です。

今回初めて手島を訪れた四電の方々も島民の優しさと島の自然の魅力に引き込まれていました。
2週間後に迫ったサバイバルキャンペーン合宿が楽しみです。

今日は春のうららかな瀬戸内海の手島でNHK松山放送局のディレクター遠山真由さんと一緒に安養寺で行われたお釈迦様の花まつりに参加させて頂きました。平均年齢ほぼ80歳、島民は20人の島ですが、住職さんの法要を終えて、皆さんと一緒に甘茶と桜餅を頂きました。この島に来るといつも現代日本人が失っている習慣や風習に触れ、幸せを感じます。法要のあとは吉田さんの車で遠山さんに島案内をして頂き、帰りにはタケノコとワラビとシタドリを持ち切れ程頂いて帰りました。1週間前に訪問した時の主役は桜でしたが、今は紅白の桃の花が季節の移り変わりを感じさせてくれました。

いつも変らぬ皆さんの温かいお気持ちに感謝しています。







「花と昆虫の楽園キャンペーン」にカナダ人のYouTuberが参加します。


現在、香川県内の公立高校で英語の補助教員をしているIan Iusさんです。

2016年には丸亀市の支援事業として塩飽諸島の広島のプロモーション動画を彼と一緒に作成しました。http://muchujin.jp/category/movie-list。
この度、外国人の目線で再度「瀬戸内海の素晴らしさ」を映像に捉えてくれます。どのような作品になるか、今からワクワクです。

Ianさん、よろしく!!