手島へのラブレター

京都大学農業系サークルの女子大生3人が手島に初上陸したのは2016年11月の晩秋でした。彼女達はすっかり手島の虜になりました。そこで、彼女達は私と一緒に塩飽部隊を結成し、「花と昆虫の楽園キャンペーン」を始めました。ご存じのように竹林伐採や花植え等を通じて、島民やボランテアーの方々と共に汗を流してきましたが、あれから5年の年月があっという間に過ぎ去っていきました。この歳月は忘れられない思い出で一杯です。首謀者の尾崎純さんは2年前鹿児島県共同通信社の記者に、その後輩のマッフー(池田まふみさん)は今年大阪のエクステリアメーカーに就職、もう一人岩男ちゃん(岩男望さん)は農学部修士課程で論文を書き上げます。彼女たちによる熱い思いが一杯詰まった「手島へのラブレター」が冊子になりました。

天国にいる前自治会長の藤原さん、香川ホンタカの高田さん、漁師の濱本さん、安養寺住職の大前さん、漁師の宮本さん、我々をいつまでも見守っていてください。

[pdf height=”980px”]https://muchujin.jp/wp-content/uploads/2021/04/5bbbdcdde20a6f4a21f8b2abb00f9a95.pdf[/pdf]

コメント

  1. 小山智恵 より:

    自分の知らない両親の顔が観れ、とても嬉しく思いました
    今は亡き、海の男 濱本満雄は父です
    その節は、大変お世話になりました
    何気なく、丸亀市手島町を検索してみたところ、このblogで生まれ育った地をとりあげてくれていて、とても嬉しい限りです
    このblogの全てを見れていないので、休日に見れていないページを堪能したいと思っています

    • ozaki より:

      小川様

      こんにちは 四国夢中人の尾崎です。昨日道子さんの取材をした折にお母さんに小川さんの連絡先を教えてくださいとお伝えしのですが、お聞きできませんでした。
      満雄さんに関する写真があれば、お預かりして動画に入れたいと思っていますが、如何でしょうか。よろしくお願いいたします。私の携帯は080-3166-9937です。
      ご連絡お待ちしております。

  2. 尾崎美恵 より:

    新学期を迎え雑用に追われ、ご返事が遅くなり申し訳ありませんでした。2016年より手島の方々と交流を深めてきてましたが。コロナ後活動も開店休業になってしまいました。これまで濱本さんご夫妻には京大生を始め数々の一杯詰まっています。現在、カナダ人のカメラマンと手島の島民にスポットを当てた日英語版動画を制作中です。取材に関して、道子さんにも協力をお願いしています。小山さんともどこかでお会いする機会があると思いますので、引き続きよろしくお願い致します。