◎四国夢中人の活動の趣旨
「四国夢中人」はフランスを中心とした欧州と四国の国際相互交流を目的として2008年設立されました。その想いは四国の魅力を欧州の人々に“知って”もらうだけでなく、彼等を四国に呼び、直接四国の文化を“実感”してもらうことにあります。
そこで、毎年テーマを決めて夏(7月)にパリジャパンエキスポへ出展し秋(10月)に欧州ブロガーによる四国招待ツアー事業を毎年重ねており、双方の人的並びに物的交流の促進を進めております。これらの活動は自治体、各企業、教育団体、経済団体、地元ボランテアーの方々だけでなく、在仏の日仏ボランテアーの方々の御支援によって実施されています。これからも皆様の暖かいサポートをベースに四国を様々な切り口でPRしていきます。 
 [2012年9月26日四国俳句めぐりの懇親会・JRクレメントホテルにて]


As president of Shikoku I would like to extend my thanks to you for visiting the site. “Muchujin” is a Japanese term that means “a person within a dream”, and we are trying to present the romance of visiting Shikoku as akin to the feeling of having a beautiful dream.

Shikoku Muchujin has been working within local communities with local companies to form bonds with international organizations to spread information about Shikoku through grass-roots means.

We hope to activate the rich but as yet untapped resources for potential visitors to Shikoku that Shikoku’s four prefectures have to offer. By uniting our prefectures through festivals, events, and foreign experience exchanges, we hope to diversify the tourism of Shikoku and of Japan. We are working to make more and more Japanese experiences available to foreigners and to set up paths that allow for cultural exchange.

Welcome to Shikoku Muchujin!

President of Shikoku Muchujin

Mie Ozaki


四国夢中人スタッフ紹介

塩田康広氏
[ホームページ管理者 丸亀在住]
県内在住の面白人間を探して、西へ東へ奔走する「さぬきTV」の社長さん

田岡厚子氏
[英語 翻訳通訳ガイド 高瀬町在住]
茶道、絵手紙、着物リメークやタペストリーなどのソーイング、写真が趣味

チエリー・デル・ソコロー氏

[四国夢中人フランス支部長 仏在住]
茶人で武道家であるチエリー氏は日本文化の真髄を求めるグラフィックデザイナー兼プログラマーportraits-thierry

ジュリア・イニザン氏

[香川在住仏人スタッフ]高松市国際交流員 (2013年8月~  )
日本吾英語堪能で茶道を始めに日本文学を理解するスーパーレィーデーportraits-julia

マリン・ザバヴ氏

[パリ出展の荷物の受け取り・運搬・保管の担当者] フランス出展の裏方さんとしてご家族の全面協力を頂いています。息子さんは上智大学に留学後、東京のIT企業で働いており、親日家のご家族DSC01300[1]