代表のBlog

13日、清々しい天候に恵れた瀬戸内海で「オリーブフォーラム2020in小豆島」に阪大医学部の斎藤優久乃さんと参加しました。

前日12日、斎藤さんは丸亀沖の塩飽諸島唯一の広島診療所を訪問し、白神ドクターからへき地医療の体験を聞かせてもらいました。コロナ禍の中、白神ドクターも斎藤さんも細心の注意を払っての島訪問でしたが、島民からも焼き立ての安納芋パンを頂いたり、天候にも恵まれ貴重な島体験の機会を頂きました。

翌朝、私と斎藤さんは「NPO法人瀬戸内オリーブ基金等」主催のごみ拾いイヴェントのため小豆島に向かいました。スタッフ⁺参加者35名程が充分なコロナ対策の中で土庄公民館に集まり10時からスポーツゴミ拾い企画が開始。所要時間40分、4人1チームで拾うゴミの重さで順位を決めます。小学生から高齢者まで町に落ちていごみ拾い競争!ゴミ拾いを競技として実施するとモテべーションが上がることを身をもって体験しました。我々チームは残念ながら2位でしたが、主催者が商品化しているオリーブオイルとオリーブ石鹸とオリーブ手袋をゲットさせてもらいました。もう既に他の地域ではJリーガー、プロバスケット選手、相撲部屋のお相撲さん等のアスリート達も参加しているそうで、これから四国にも広まっていくことを切に願います。是非、皆さんも1度チャレンジする価値はあると思います。

詳細についてはルールブックvol01をご覧ください。

 

 

 

 

8月6日丸亀ロータリークラブで40名程の会員の皆様に2000年から現在に至る「四国夢中人」の活動紹介の機会を頂きました。タイトルは「四国を欧州に売り込もう!」1「どのようにして活動範囲を広げてきたか」をプレゼンしました。コロナ禍の中、延び延びになって実施された講演でしたが、酷暑の中皆さん貴重な時間を割いて頂恐縮です。講演後、私立中学高校学校の関係者からアプローチを頂き、予期していなかった成果を感じました。

昨年4月から手島の空き家を改修し始めたアイターンの陶芸家たちの新居が出来上がりつつあります。築100年の古民家再生は床を剥ぎ壁を取り除き我々には想像を絶する作業のようでした。北風吹きすさむ冬も、酷暑の夏も手を休めることなく大工道具も重機もない手作りの家作りに接し、アーテストの神髄に触れました。

DSC_3071

DSC_3266