代表のBlog

春企画の進捗状況を説明しに手島へ!ラッパ水仙や水仙が咲き誇っており、いつ来ても花が絶えることのない手島に改めて感動です。春は安養寺の竹林伐採を核にして、丸亀養護学校から頂く芝桜を1000ポットを港の近くの畑に植えるために、其々の役割分担の話し合いをしました。
ミ―テング後、秋に植えたガウラの生育状況や竹林を伐採したところを皆さんと一緒に見て回りました。左が島民の方々とのミ―テング、右が手島の水仙林です。

 

DSC_2165

DSC_2149

田岡先生の協力のお陰で、今回初めての試みとして留学生を対象に英語版企画書を京都大学、岡山大学、香川大学の留学生掲示板に貼って頂きました。当初香川県国際課のALTを対象に参加を呼び掛けるつもりでしたが、大学の留学生にも参加を呼び掛けることになりました。学生は参加費無料なので、参加しないと損だと思いますが・・・・・さあ、どうなることか興味津津です。昨年夏に手島に遊びに来たALT達(英語補助教諭)です。

Download the PDF file .

手島での春企画のプロモーションを兼ねて東京でユニークな方々に会ってきました。行政が作った箱モノをリノベーションしているR-projektの丹野ロン氏や「自動運転の論点」編集長須田英太郎氏の本郷オフィスで貴重な意見交換が出来ました。

丹野氏はドイツ証券東京支店、リーマンブラザーズ証券東京支店を経て、2006年に金融業界から離れて起業。スカッシュの日本代表選手として世界選手権に出場。このような方が日本の教育を変えたいと奮起されて、空家になった施設を子供達の教育施設に変えています。
須田氏については以前にも少し触れましたが、追って記事を書かせてもらいます。好ご期待を!

左が丹野ロン氏 右が須田英太郎氏