Author Archive

本日は今年4月に開設されたばかりの香川大学創造工学部大場教授の研究室にお邪魔しました。先週手島で実施したサバイバル合宿「花と昆虫の楽園キャンペーン」に参加されたことが御縁となりました。
研究室には2020東京オリンピックのト―チをイメージした制作物等が並んでいました。着物の襟、水引等をイメージしたジャポニズムの作品に思わず引き込まれました。日本の歴史、文化、風俗をベースに創作されるものはどれも面白い!!!大場先生をはじめメディアデザインコースの山中先生、柴田先生は今まで第一線の現場で戦ってきた方ばかりです。彼等の瞳な中に新たな息吹や胎動を感じます。香川大学、そして香川県に新たな空気をどんどん送り込んでください。宜しくお願いします。

香川大学創造工学部HPhttps://www.kagawa-u.ac.jp/kagawa-u_ead/

大場さんのプロフィールです。香川大学HPより

浜松市生まれ。千葉大学卒業後1986年にソニー入社。オーディオなどのコンスーマのプロダクトデザインを担当。1990年後半よりアドバンスデザイン領域を主導し、ソニーCSLと協業して新しいコンピュータ、インターフェイス、特許開発。2009年より放送、映画、医療、金融領域のB2Bデザインを統括。VAIOのデザインでGマーク金賞、Red Dot(独)等、特許で全国発明表彰・朝日新聞社賞を受賞。2018年4月より香川大学に転職。

 

 

この度は、炎天下の手島での8月3日から5日まで実施した「花と昆虫の楽園キャンペーンPART5」に御支援、御協力頂き、誠に有難うございました。
お陰さまで、事故も怪我もなく無事にキャンペーンを終えることが出来、心から感謝いたしております。

2016年11月、3人の京大農学部の学生と幻の香川本鷹を見学する為に塩飽諸島(瀬戸内海)を訪れたのがきっかけとなり、手島島民+京大生+四国夢中人で塩飽部隊が結成されました。今回で5回目を迎える塩飽部隊ですが、毎回参加団体「香川県丸亀養護学校」「丸亀高校生物部」「宇多津子供会」等と回を重ね、島民をはじめ参加されている方々と共にかけがえのない体験が生まれ、我々の向かっていく方向が少しづつ形作られているように感じています。


塩飽部隊は手島を様々な分野の人が集まる場所として、島の資源を生かした取り組みを実施しています。小学生は昆虫や花を通して「自然」を学び、養護学校の生徒は苗の提供で「共生」を体験し、高校生は「生物」を採集し、大学生は「協働」を実感し、社会人は「地域貢献」に参加し、外国人は「日本の原風景」に触れ合うことによって離島を生きた教育現場にしていきたいと考えています。
ワクワクする報告書を楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

NHK松山放送局からおはよう香川7:45~7:50で手島のひまわりが紹介されました。6月に種植えを終え、お盆に戻ってくる島出身者へのおもてなしとして島民が心をこめて育てます。昭和40年には441人いた人口が今では20名程になっていますが、「お帰りふるさとへ」島民のおもてなしの気持ちは今も変わりません。(左)6月のひまわりの種まきの収録風景と(右)昨年、京大生がひまわり畑の草刈りをした時の写真です。