Author Archive

9月3日発売のアエラ(朝日新聞出版)に手島キャンプに参加した叶大君親子が登場しました。
今回、アエラは大特集として「メルカリ経済圏1兆2千億円」と言うタイトルで買い物革命を分析しています。

叶大君は島民から「海岸にあるシ―グラスは売れるよ」と聞いたところから、海のゴミをリサイクルすること興味を持ったそうな。38度の炎天下の海岸でひたすらシ―グラスを拾い集めること5時間、それを自宅に戻って指輪にしてメルカリに出品したところ、1000円の値が付いたそうな!!彼のゴミリサイクルに注目したメルカリ広報部が「メルカリで経済の仕組みを学ぶ子供達」というタイトルで取材依頼が来た。

地域活性化の大合唱が日本列島に鳴り響いていますが、案外なんでもない所にその秘策があるのかもしれません。
我々の活動は地元子供会や養護学校の生徒や子供の人材は豊富です。手島活性化のヒントは子供たちが知っているのではないでしょうか。

おまけ:叶大君の説明によると、シ―グラスとは海に捨てられたガラスの破片が波や岩によって削られてきれいのなったものだそうです。

YOU-TUBEを通じて我々の活動「花と昆虫の楽園キャンペーン」https://muchujin.jp/を世界に発信してくれているイアンさんが同僚(ALT=英語補助教員)6名と一緒に、夏休み最後のバカンスを手島(9/1~9/2)で過ごしました。到着するや否や、岩場で泳ぎ、夕刻にはBQQ、夜は島民と酒盛り????と盛りだくさん。
本国カナダに帰っていたので8月のプロジェクトに参加できなかったのですが、YOU-TUBERの彼はこれまでも塩飽諸島のプロモーションフィルム(英仏語対応)を制作し、それを2016年にはフランスのパリ日本文化会館https://muchujin.jp/category/2016/2016europeで上映しました。
カナダトロント出身のイアンさんをはじめアメリカシカゴ出身者、英国バーミンガム出身者等の同僚に人口20名平均年齢80歳の手島はどのように映ったでしょうか。

[2016年塩飽諸島プロモーションフィルム制作]       [2018年9月1日~2日同僚と手島に!!]

 

先月手島で実施した「花と昆虫の楽園キャンペーン」 の様子が中国四国農政局ホームページ掲載されました。
http://www.maff.go.jp/chushi/nousei/kagawa/mail/backno_65.html
我々の企画に参加された農政局香川拠点の大島次郎氏による取材記事です。1か月前の子供達の歓声が聞こえてきます。一緒に参加された森局長にも合宿中、大変お世話になりました。