Author Archive

本日、四月四日運輸局から「VJ地方連携事業」再開の連絡を頂きました。被災後に感じたフランスでの日本に対する恐怖感を踏まえ、どうすればよいか私自身も悩んできましたが、彼等の恐怖感を除く為に、四国のPRをすることの意義を強く感じています。中断していた事業の再開に向けてこれから皆様のご支援よろしくお願いいたします。

3月26日にアイレックスで開催された「詩のボクシング」に審査員として参加させて頂きました。今回で8回目の香川大会ですが、熱き朗読バトルで勝ち抜けば6月25日に東京で開催される全国大会に参加できるということで、自作朗読日本1の切符を得るために、言葉パンチが飛び交いました。一人で戦うも、団体で戦うもOKです。詩、短編、日記、手紙、独り言、ラップなどジャンルを問わず、自作品を持ち込んで3分以内に朗読するというものです。全国大会で優勝された木村恵美さんが中心となって、「詩のボクシング」香川大会実行委員会がこの活動の普及を進めていらっしゃいます。手弁当で香川県内の行政や企業を回り、0からのスタートで、地道な努力を続けられていることに感動します。個人優勝された谷口さん、うみがめむらの皆さん本選大会頑張ってください!!!!!! 興味のある方はサイトをご覧ください。http://www.jrba.net

18日16:00~                                                                                                                   今日は国立東洋美術館ギメで学芸員をされているヘレーヌ バイユー女史と遍路講演の打ち合わせのため友人のエミりー・ベルトーさんとお伺いしました。5月から9月までギメではOFUDAをテーマに講演やアトリエを企画しており、エミリーさんがその企画の中に歩き遍路体験者の講演を依頼してくれていました。そして、彼女の恩師であるヘレーヌ バイユー女史が快く我々の遍路講演の申し出を受けてくださったわけです。様々の偶然が重なり、夢が実現したように思います。講演者は昨年ジャパンエキスポで遍路のPRをしてくださったレオ・ガントレ氏Blog : xgantelet.over-blog.comです。彼もこの企画には非常に満足してくださっています。フランス人にとってもギメでの講演は非常に価値のあるようです。遍路講演についての詳細はまた後日お知らせいたします.