Author Archive

高橋君が半年かけて開拓した畑に香川ホンタカの苗が植えられました。種から半年間丹精込めて育てた高橋君の子供達水遣りはホースではなくバケツで運び、畝に流して3時間かかる重労働です。彼の愛情込めた作業が夏の収穫まで続くことでしょう。過酷な環境で育てられる方がうま味が増して美味しい唐辛子が育つそうです。赤く実った香川ホンタカがどのように育つていくか、情報提供していきますので、乞うご期待ください。

グリンピース生育状況観察       香川ホンタカの苗床       鍬とナタで開墾した香川ホンタカの畑

高橋周平君は手島でのHOTサンダルプロジェクト(2012年、2013年、2015年)に3回参加し、作品製作をしながら、2012年から本鷹農家の(故)高田正明氏の指導を受けていました。その彼が2021年自然と向き合っている島の暮らしに魅力を感じて、手島移住を決めたそうです。

彼は高松工芸高校美術科を振り出しに武蔵野大学大学院まで丸10年アートの世界に身を置き、現在は香川ホンタカの後継者として鍬とナタで休耕地の畑を開墾しています。

「HOTサンダルプロジェクト」とは

主催:丸亀市
開始:2012年~
場所:丸亀市沖合の塩飽諸島
期間:夏休みの約1ヶ月間
対象者:日本画専攻の美大生
内容:島民と交流しながら、瀬戸内海の自然を作品に仕上げる企画

 

京都からyou-tube撮影「未来を作る愛ランド」のために岩男望(京大農学部博士課程)さんが2年ぶりに手島を訪れました。彼女たちが2016年に初めて手島を訪れてからもう6年もの歳月がたちました。朝1番の6:05 のフェリーに乗船したのは撮影者のイアンさんと友人2人、デレクターの尾崎、彼女と合わせて5人クルー。コロナの空白を忘れさせるような暖かいおもてなしに岩男さんは感動していました。タケノコ堀、お墓参り、インタビューと、眩しい新緑の中で撮影は順調に進みましたが、あまりにも思い出が多すぎて一言で言い表せない!!!英語仏語版に字幕を始め編集に多くの時間が掛かるので、完成までしばらくお待ちください。