イオン エコワングランプリは、次代を担う高校生が日ごろ学校単位で取り組んでいる「エコ活動」を表彰するコンテストです。12月5日に「第9回 イオンエコワングランプリ」がリモートで開かれました。(毎日新聞)。その結果、内閣総理大臣賞が岡山県山陽学園高校地歴部の生徒さんに決まりました。海洋ゴミ問題を自分ごと化するブルーオーシャンプロジェクト活動が評価されました。プレゼンテーションでは手島での海洋ごみの収集が紹介されました。地歴部顧問の井上先生、生徒の皆さんおめでとうございます。自分の事のように嬉しいです。

コメントをどうぞ