6月に続いて、20名程の山陽学園地歴部による手島北浦の漂着ゴミ回収作業が10月18日に実施されました。地元笠岡の漁師さんの船2隻で北浦に13:30に到着!1時間の作業でゴミ袋36個ペットボトル1700本があっと言う間に回収されました。これらのごみは20名足らずの島民が廃棄したものではなく、陸から川を通じて海に流れこんだものです.「陸のごみは海のごみ」環境保全は一人一人の問題として取り組んでいくことを痛感いたしました。彼等の作業を支援してくださったいる企業や漁師さんに感謝いたします。顧問の井上先生を始め、皆さん有難うございました。

5 Responses to “山陽学園地歴部による海岸漂着ゴミ回収”

  • ナカシマ アキラ:

    上の写真で黄色黒ストライプシャツは私です。
    いらっしゃってたんですね。「手島港からこの浜に来る道は無い。一度山越えしたが大変だった。」と伺ったことがありますが、そこを通っていらっしゃったのですか?
    大人社会の欠陥で流れ出た海ごみを子供たちだけに拾わせるのは心が痛いので、山陽学園が行くときに職場の有志を募って参加しようと思っていますが、四国在住の人に「丸亀港から定期船で来て参加してください」と言えるレベルなんでしょうか?などいろいろお話をお伺いしたいです。

    • 初めまして四国夢中人の尾崎です。ご連絡有難うございます。私は前回彼等と一緒に海洋ゴミ拾いをしましたが、私は海洋ごみ活動を中心にしているわけではないので私から何が提案をすることは残念ながら難しいです。本日は我々が企画した動画取材のためカメラマン2人と一緒に手島に行っておりました。海洋ごみ問題も含めて、高齢化が著しい離島が現在猪の島になりつつあり、このような現状を抱える瀬戸内海の島をどうにかできないかと色々暗中模索しております。もし可能であれば、意見交換したいと思いますが、如何でしょうか。ご無理のない範囲でご返事頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 中島:

    写真の黒黄色ストライプのシャツは私です。

Leave a Reply for ozaki