昨年4月から手島の空き家を改修し始めたアイターンの陶芸家たちの新居が出来上がりつつあります。築100年の古民家再生は床を剥ぎ壁を取り除き我々には想像を絶する作業のようでした。北風吹きすさむ冬も、酷暑の夏も手を休めることなく大工道具も重機もない手作りの家作りに接し、アーテストの神髄に触れました。

DSC_3071

DSC_3266

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

CAPTCHA