2007年に歩き四国遍路を経験されたJolivet Muriel 氏(上智大学社会学教授)と四国夢中人代表尾崎美恵によるコラボ企画として、東京在住のフランス人を対象に日仏会館(恵比寿)で四国遍路講演をいたしました。

1「日仏文化活動の紹介」尾崎美恵 15

2 「四国八十八ヶ所霊場」 ~2つの世界の瞑想~ Jolivet Muriel 60分+質疑応答15分前後 

お遍路さんの目的は何でしょうか。いくつかの難所を乗り越えた後、違う世界に入るという貴重な経験をしました。夢中になってやめられなくなるお遍路さんは「四国病」や「四国ボケ」とも呼ばれています。初心者とベテランの微妙な違いを紹介した後、自己体験を基にお遍路をするうちに人間がどのように変わっていくのか分析します。

3「Henro ドキュメンタリーフィルム上映 
     監督Nina Barbier  30

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

CAPTCHA