新年早々、ビッグニュースがニューヨークから届きました。
米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は9日、「2019年に訪れるべき52の場所」と銘打ち、世界の旅行先として日本で唯一瀬戸内海の島々を7位で選びました。https://mainichi.jp/articles/20190110/k00/00m/040/038000c

過去には2015年に四国遍路https://yousakana.jp/52-places-to-go-in-2015/が日本で唯一選ばれました。

アメリカの旅行雑誌TRAVELER の特集(2000年3月号)で「死ぬまでに行きたい場所」としてパリやドバイと並んで直島が紹介され、それ以来直島は世界各地から観光客が集うアートアイランドになりました。

四国夢中人メンバーでYou-Tuberのイアンさんが我々の活動「花と昆虫の楽園キャンペーン」を世界に向けて英語版動画で情報発信しています。

今年、瀬戸内国際芸術祭が開催される瀬戸の島々ではどのような変化がもたらされるか興味津々です。

先月、手島で取材された記事も合せて掲載させていただきます。https://rev-m.com/self_driving/1204sip20190108/

それでは、引き続き、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

「四国夢中人」代表 尾崎美恵

コメントをどうぞ

CAPTCHA