3月11日に善通寺の編照閣で開催されたへんろ小屋のシンポジュームにパネラーとして参加いたしました。私を除くパネラーの方々は遍路文化に強い思い入れを持っていらっしゃる方ばかりでしたので、大変勉強させてもらいました。私はこれまでの経験を基に外国人がどのように遍路を見ているかという視点でお話させて頂きました。遍路文化は自分の身近にありながら、何も知らない自分に気付かされましたが、これからも自分が出来ることを頑張っていきまーす。

コメントをどうぞ

CAPTCHA