京都大学農業系サークルの女子大生3人が手島に初上陸したのは2016年11月の晩秋でした。彼女達はすっかり手島の虜になりました。そこで、彼女達は私と一緒に塩飽部隊を結成し、「花と昆虫の楽園キャンペーン」を始めました。ご存じのように竹林伐採や花植え等を通じて、島民やボランテアーの方々と共に汗を流してきましたが、あれから5年の年月があっという間に過ぎ去っていきました。この歳月は忘れられない思い出で一杯です。首謀者の尾崎純さんは2年前鹿児島県共同通信社の記者に、その後輩のマッフー(池田まふみさん)は今年大阪のエクステリアメーカーに就職、もう一人岩男ちゃん(岩男望さん)は農学部修士課程で論文を書き上げます。彼女たちによる熱い思いが一杯詰まった「手島へのラブレター」が冊子になりました。

天国にいる前自治会長の藤原さん、香川ホンタカの高田さん、漁師の濱本さん、安養寺住職の大前さん、漁師の宮本さん、我々をいつまでも見守っていてください。

Download the PDF file .

コメントをどうぞ