代表のBlog

16日パリクレア事務所にて10:00~

あすから開幕するパリ国際観光博について情報交換をするためにクレアパリ事務所を訪れました。日本のブースはなくなりましたが、この日のために職員の方は準備を進めてこられ、倉庫には日本の自治体から送られてきたパンフレットが行き場を失った状態でした。私も観光博で四国夢中人の招待ブロガーのPRをするために、チラシ入りのポケットテッシュを500個準備し、スタンバイでした。しかし、、世界の観光業者がどのようにしてインバウンド事業を進めているか、それを視察するいい機会になりそうです。

16日鮨屋「OGURA」にて夕食 京子食品社長・藤本氏の被災コメント「パリ日本人会として今回の被災に対して何か早く対応したい」「日本食品の輸入はフランスですべて禁止になりそうなのでどうしよう?」「コンサートを被災チャリテーコンサートにすると通常の4倍の聴衆が集まった」

「11日被災直後、フランス人達が支援したいと在仏日本大使館前に集まる」

京子食品http://www.kioko-japon.com/はパリで人気のある日本食料品店としてオペラガルニエのそばに店を構えています。パリッ子にも知られおり、日本食レストランに食材を配送しているそうです。おうどんをパリで紹介したいという2009年企画がきっかけでさぬきうどんのキットをお店に並べていただき、渡仏の折にはいつもお伺いしています。

16日

在仏日本大使館にて

16:00~

小川公使・志水参事官・一等書記官2人と尾崎、友人エミールベルトが面会 フランスにかかわらず、ヨーロッパ諸国では日本が被爆国として報道されている中「このような困難な時だからこそ、被災を受けていない四国の人々は力を合わせて日本が元気であることを世界に向けてアピールする必要がある」という結論に至り、小川公使からは「力になれることがあれば言ってください。」という温かい言葉を頂きました。今回のパリでのジャパンエキスポ出展に向けて、在仏日本大使館に後援依頼をしました。前日はG8外相会談があり、被災対応で御多忙のところ、御都合をつけていただき、皆様本当に有難うございました。