代表のBlog

前日の雨が嘘のように晴れ渡った秋晴れの9月22日土曜日、秋企画「花と昆虫の楽園キャンペーン」PART3の打ち合わせのため手島を訪れました。2週間前に訪れた時に見た日日草とは比べ物にならないほど成長し、カラフルな花弁を付けていました。1株の大きさが約30センチ位で、その勢いはまだまだ続きそうです。株が良かったことと島の方々の日々のお世話の賜物です。少しずつ、楽園が広がっていることに感動しています。ちなみに、秋企画の予定は11月23日から25日までです。皆さんの御参加お待ちしています。

DSC_1455

DSC_1444

DSC_1448

今日は京大4回生の岩男望さんと一緒に手島に来ています。8月4日5日に宇多津子供会の皆さんと一緒に日々草やマリーゴールドを植えてから1か月が経ちましたが、今は一株が直径30センチ程の大きさになっていました。

酷暑の中、朝晩の水やり、草引きなどの作業をしてくれた島民の皆さん、有難うございました。皆さんの愛を受けて、暑さをもろともせず、ぐんぐん成長している姿に勇気をもらいます。これから秋口まで花を咲かせてくれるので、手島の皆さんも長く楽しんでもらえることでしょう。

次回は11月下旬頃に秋の苗を植える予定です。そのために、丸亀養護学校綾先生は5月から多年草のガウラ・コレオプシスを種から育てくれています。

 

[8月4日日々草]                                                             [9月7日]

丸亀高校文化祭(第34回斯文祭(しぶんさい))に作家広谷鏡子氏と訪問。あいにくの雨にも負けず、生徒達は自分たちの部活報告や「地方創生」の課題研究の成果を発表していました。
今年8月3日、酷暑の手島で出嶋利明先生の指導の下、丸高生物部生徒15名と京大生8名が島の道なき道を探りながら、海、山、畑で生物採集をしたのが御縁で、本日は生物部に潜入してきました。

広谷鏡子氏のプロフィール
母校をテーマに丸亀高校野球部を中心にした青春物語「ヒット・エンド・ラン」を徳間文庫から7月に出版したばかりです。