代表のBlog

はじめまして。千葉県で理学療法を教えている牧原由紀子といいます。
私は2015年末に12年ぶりに日本へ帰国し、アメリカ人の夫と3歳の娘、13歳の老犬との日本での暮らしを始めました。なつかしい日本がもっと元気になるような活動をしたいと思いながらこの1年を過ごし、その中で尾崎さんの記事を「ほぼ日刊イトイ新聞」で拝見し、とても感銘を受けました。
尾崎さんがおっしゃっているような「外国人の力を借りて、地域を元気にする」ということは、まさに私と主人が考えていたことです。尾崎さんが活動していらっしゃる塩飽諸島をぜひ訪れたいと思っています。

以上のお手紙を1月25日に頂き、成田にお住まいの牧原邸にお邪魔したのはそれから1か月後でした。それから1か月後牧原ファミリーはへき地医療の視察を兼ねて塩飽諸島を訪れることになりました。

14945051055091494505097507

2月22日次回の塩飽部隊プロジェクトの打ち合わせを兼ねて京大を訪れました。京大農学部の大石先生の研究室を訪れた代表は手土産に森森上屋さんの「どら焼き」をお持ちしました。みんな大好物だったようで、特に大石先生は甘いものに目がないそうで、大満足のようでした。「次回はとりあえず「どら焼き」を食べに香川に行こう」で決まり。恐るべし!どら焼き君

日時:2017年2月21日13:00

場所:大石和男助教研究室

参加者: 農交ネット創設者 京都大学大学院 農学研究科 大石和男助教

四国夢中人代表 尾崎美恵

農交ネットサークルメンバー等

議題:塩飽諸島の島で何が出来るか?

*香川本鷹栽培  *香川本鷹後継者 *古民家再生 *研究テーマ    

*流動人口を増やす *情報発信

1494504621265

 

 

 

ハルメク編集部
発行部数17万部の月刊定期購読誌。
1996年に50代からの生きかた暮らしかた応援雑誌「いきいき」として創刊。
20周年を迎えた昨年・2016年5月号から、誌名を「ハルメク」にリニューアル。
105歳の医師・日野原重明さん、きくち体操創始者・菊池和子さんなどの看板連載陣はそのままに、美術家・篠田桃紅さん、評論家・斎藤美奈子さん、漫画家・槇村さとるさんらによる新連載をスタート。
インタビュー、料理・片づけなどの暮らしの情報、健康・医療、社会・世界の動きまでアンテナを広げ、シニア女性のワクワクに応える情報を発信中。
今回、ハルメク編集者より取材依頼が来て、我が家でインタビューがありました。テーマは「突破力」と言うことで、これまでの四国夢中人の活動を紹介しました。IMG_20170511_0003 IMG_20170511_0004 IMG_20170511_0005 IMG_20170511_0002