代表のBlog

11月下旬に植える花の苗は多年草のガウラ(700ポット)とコレオプシス(100ポット)です。
園芸の綾先生が島民になるべく負担をかけずに育つ花として、2種類の花を選んでくれました。我々にはあまりなじみのない花ですが、多年草なので、毎年咲いてくれるそうです。
春に種まきをして、現在葉の大きさが7,8センチ程に成長し、養護学校生徒の皆さんの愛情を受けて逞しく育っています。

   
コレオプシス(多年草)                     ガウラ(多年草)

現在の苗の状態

 

 

 

 

 

 

 

 

9月25日付け毎日新聞香川版「支局長からの手紙」で手島での取り組みが紹介されました。
県立香川丸亀養護学校や京大生や地元ボランテアーの方々力を合わせて進めている手作り島おこし。引き続き皆さんの御支援宜しくお願いいたします。
高松支局長成沢さん有難うございました。
20180925毎日新聞手島記事_

前日の雨が嘘のように晴れ渡った秋晴れの9月22日土曜日、秋企画「花と昆虫の楽園キャンペーン」PART3の打ち合わせのため手島を訪れました。2週間前に訪れた時に見た日日草とは比べ物にならないほど成長し、カラフルな花弁を付けていました。1株の大きさが約30センチ位で、その勢いはまだまだ続きそうです。株が良かったことと島の方々の日々のお世話の賜物です。少しずつ、楽園が広がっていることに感動しています。ちなみに、秋企画の予定は11月23日から25日までです。皆さんの御参加お待ちしています。

DSC_1455

DSC_1444

DSC_1448