代表のBlog

平均年齢80歳、人口20名の手島に陶芸家カップルが春から引っ越してきました。なんと!長い間主を失っていた二軒の空家が彼等の手で床も壁も天井もリニュアルされます。ほこりまみれで日夜格闘中・・・・・家一軒丸ごと自分達のアトリエ兼ギャラリーになる日が来ることを島民達も暖かく見守っています。
熟成させた赤ワインのように、時間をかけてゆっくり発酵する彼等のワインはどのような仕上がりになるのか、興味は尽きません。
厳しい環境の中で、きらきら光る彼等の優しさに満ちた眼差しが眩しいく感じました。

ここで彼等の御紹介をさせて頂きます。

◆原 麻里子(はら まりこ)さん

愛媛県出身
神戸市外国語大学 外国語学部 英米学科 卒業
京都府立陶工高等技術専門校 やきもの成形科 成形コース 修了
地方独立行政法人京都市産業技術研究所 陶磁器コース 修了

ジュエリー業界で広報・EC業務に携わっていましたが、デザイン業や工房での仕事を間近で見たことで、ものづく りに興味を抱くようになりました。 そこで、かねてより好きだった陶芸を学ぶことを決意し、今に至ります。手島の美しい自然の風景と、島の方々の優しい人柄に惹かれました。  手島の魅力を伝えるため、つくり手としてはもちろん、手島のPRやEC事業にも携わりたいです。

◆松下 龍平(マツシタ リョウヘイ)さん
1986 埼玉生まれ 2007 武蔵野美術大学にて陶芸を学ぶ
2011 埼玉県ふじみ野市にて作陶開始
2017 京都府立陶工高等技術専門校入校
2019 香川県手島に工房を移し作陶

ギャラリーやデパート陶器市等、器を買える場所はたくさんありますが、作られた場所を訪れ、そこの人や空気に ふれ好きな器を買う。 僕はそのかたちが一番好きで、しっくりきます。 良い人 良い器 良いお店 少し遠いけど一度訪ねてみたくなるそんな島に出来たらと思います。

◆松原 恵美(マツバラ エミ)さん
1990年、京都で生まれ育つ 京都の銅駝美術工芸高校で陶芸に出会う
2013年、愛知県立芸術大学陶磁専攻を無事卒業
2015年まで東京の彩泥窯で陶芸の講師を務める
2017年、京都府立陶工高等技術専門校の総合科に入学
2019年に卒業し、手島に出発!

行き当たりばったりの人生で、出会った仲間が出してくれた手島行きの船に乗りました。 生きるって、生活するってどういうことなのかよく分からない私が、生きること、生活することに真正面から向き 合う島の生活の中で得たパワーで、なんか良いなぁと思える、思ってもらえるものを作りたいです。

◆高村 光平(タカムラ コウヘイ)さん
1983年 神奈川県相模原市(旧津久井郡)生まれ
2004-2008 東京芸術大学美術学部建築学科
2008-2010 東京芸術大学大学院美術研究科建築理論
2010-2017 都内のシステム開発会社にてシステムエンジニアとして働く
2017-2019 京都府立陶工高等技術専門校
2019- 手島に移住

海で魚が取れて、陸では野菜が取れて、小さくても等身大のスケールで生活ができる島を探してました。やりたい ことは、手島から生きること。手島に脈々と引き継がれる生活のバトンを受け取り、次へ渡す。その過程で生まれ る新しい知恵やモノ達に期待しています。

DSC_2228

今年もいよいよ待ちに待ったタケノコの季節が到来! 大人は安養寺のモウソウ竹の伐採約400本。子供は芝桜等500株、そして、飛来するアサギマダラの好物のシババカマ50株、幼虫採集にタケノコ堀り、海岸清掃等・・・・・4月27日~30日まで丸亀沖の手島に集まったボランテアーの方々といい汗を流しました。最年少は2カ月のベイビーから保育園児、小学生などちびっこ総勢20名をはじめ大人50人が初夏の陽気に誘われて、島民と一緒に瀬戸内のホスピタリティを満喫させていただきました。

この企画を支えて頂いた地元企業や自治体の方々をはじめ、遠くはカナダ、東京、京都、鹿児島から駆け付けてくださったボランテアーの方々に心から感謝いたしております。

現在報告書を作成中ですので、しばらくお待ちください。

Download the PDF file .

香川県立丸亀養護学校の園芸部で大切に育てられた芝桜150本、ガウラ140本、コレオプシス180本が春企画として手島に植えられます。種付けから寒い冬を越して今日の日を迎えるまでに園芸部の生徒が手塩にかけてくれた苗ばかりです。多年草なので手島で美しい花を毎年咲かせてくれることでしょう。皆さん有難う。

DSC_0322

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2323