四国夢中人と農交ネットの「縁結びの神」である尾崎純さんが6年間過ごした大学に別れを告げる日がやってきました。

4月からは共同通信社の社員としてペンを片手に能力をいかんなく発揮することでしょう。

今から4年前の2014年7月に突然グルノーブルに留学中の純さんからメールを頂いたことがきっかけとなり,2017年3月から京大の農交ネットサークルの皆さんが手島に来るようになりました。現在の塩飽部隊の活動はこのような不思議な御縁から、「花と昆虫の楽園キャンペーン」にと繋がっています。

純ちゃん、そして一緒に私の活動を支えてくれている後輩の池田さんと岩男さんいつもありがとう。

 

 

コメントをどうぞ