昨年12月に中小機構主催の講演(虎ノ門)が御縁となり、来春企画に農水省経営局の担当者から興味を持って頂いております。

「花と昆虫の楽園キャンペーン」(4月28日~30日)は香川県立香川丸亀養護学校園芸部によって大切に育てられた四季 折々の花の苗で手島を一杯にする企画です。
第一期は以下の夏の花を植えます。
(キンセンカ約1200株・ラベンダー約400株・シバザクラ約150株)

京大生と養護学校学生と市民ボランテアーの方々の温かい支援の「手」で、春には夏の花を、夏には秋の花を、秋には冬の花が植えられます。みんなが一つになって香川県立丸亀養護学校園芸部の生徒達が育てた花で離島の休耕地や道端を「お花畑」にしていきます。




 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ