本島、広島、与島、牛島、手島、小手島など、大小28の島々からなる塩飽諸島。「塩飽(しわく)」とは、坂出などで盛んだった「塩焼く」からきているとも、激しい潮流を意味する「潮湧く」からきているともいわれています。周辺海域は古くから海上交通の要衝でしたが、潮の流れが速いため船の操舵に長けた島民の航海技術が重宝され、戦国時代には塩飽水軍が活躍。江戸時代にも自治権が安堵され、独自の歴史や文化が育まれてきました。

今回のテーマは「島の魅力発掘」です。

「瀬戸の幸」島の方々が丹精込めて作られた有機栽培の果物と野菜、そして瀬戸内海で採れたばかりのピチピチの魚介類が食材です。(尚、雨天の場合は食材の変更あり)
「島遍路整備」弘法大師の遺徳を偲び、仏の道に尽す民情は手島の八十八カ所の札所にも見受けられます。今回は盆月(新暦八月)二十一日のお大師参りを前に島民と一緒に遍路道の整備をします。




*期間 平成29年7月29日~31日
*場所 瀬戸内海塩飽諸島 手島 丸亀市沖約10キロ 人口40名(平成22度)
*宿泊先 手島 手島自然教育センター
塩飽 http://www.pref.kagawa.lg.jp/chiiki/setoisland/detail/teshima_marugame/
*食材提供 漁師の浜本さん(魚介類) /島民の皆さん (野菜と果物)
*参加者 農交ネットメンバー
1. 池田 茉史さん(まふみ) 京大農学部資源生物科学科3回生 (奈良出身)
2. 岩澤 素子さん(もとこ) 京大農学部 食料環境経済学科 2011年卒(香川出身)
3. 荒川 貴行氏(たかのり) 京大農学研究科応用生物科学専攻修士1回 (大阪出身)
4. 尾崎 純さん(じゅん) 京大人間環境学研究科共生人間学専攻修士2回 (千葉出身)
5. 柴田星斗氏(せいと) 京大農学部食料・環境経済学2回生(東京)
6. 岩男 望さん(のぞみ) 京大農学部食料環境経済学科3回生(神奈川出身)
7. 兼近 深宇さん(みう) 京大農学研究科 地域環境科学専攻 修士1回生(奈良)
8. 田中 花音さん(かのん) 京大総合人間学部 1回生(神奈川)
9.土井原 沙織さん(さおり) 京大農学部資源生物科学科3回生(岡山出身)
10.大石 和男氏 京大大学院農学研究科助教・農交ネット創設者(広島出身)
社会人参加者 (調整中)
11.半井 真司氏 JR四国社長
12.黒川 克二氏 JR四国事業開発本部短刀課長
13.谷井 俊輝氏、 JR四国事業開発部
14.谷井 夕貴氏 JR四国営業部
15.久保田剛司氏 ㈱久保田麺業代表取締役
16.倉田茂幸氏 ㈱久保田麺業営業部長
17.大熊智美氏 香川県政策部自治振興課
18.高山桂一氏 香川県議会史編さん室長
19.土居義昌氏 香川県企業立地推進課
20.河野幸彦氏 香川県環境森林部みどり整備課
21.田川健三氏 前丸亀市観光協会事務局長
22.五百森信幸氏 元丸亀市職員(塩飽諸島港湾事業担当)
23.広谷鏡子氏 さぬき広島出身 作家 +友人1名
25.田中逸雄御夫妻 Iターン御夫妻
26.塩田康広氏 共同ビデオ㈱社長
27.大西紘司氏 114銀行勤務/香大大学院地域マネジメント
28.尾崎美恵 四国夢中人 代表




(参加費について)
朝食と夕食は元小学校の「手島自然教育センター」調理室で準備し、教室で頂きます。昼食は戸外でバーベキューを予定しております。他、ノンアルコール類や若干のアルコールは準備しておりますが、アルコール類の持ち込みは可です。調理も片付けも参加者で分担して行います。尚、島民の方々にお支払いする実費並びに経費を差し引いて、参加費が残った場合には今後の塩飽部隊の活動費に充てさせて頂きます。
御理解の程、何卒宜しくお願い致します。

参加費(学生、外国人、子供は参加費なし)
日帰り昼食のみ3000円 / 1泊3食(昼+夕+朝) 5000円 / 2泊7食 10000円




*日程 7月29日 土曜日丸亀港発11:05―手島港着12 :05(客船)  手島行きの便
7月31日 月曜日手島港発16:50‐丸亀港着18:10(フェリー)丸亀帰りの便
*協賛企業 農協食品㈱(もも鳥肉/骨付きどり)
㈱久保田麺業(竹清釜かけうどん/骨付きどり味焼うどん)
共同ビデオ制作㈱ ドローン撮影
*協力 NPO法人 石の里広島 手島自然教育センター(宿泊先)
*メデア取材 四国新聞社/読売新聞社/NHK高松局/
坂口祐編集長四国食べる通信 http://taberu.me/shikoku


香川本鷹栽培農家訪問 [7/29フリータイム]
高田氏は幻になりつつある本鷹だけでなく、多くの野菜を育てて、丸亀市内の保育園児たちに収穫体験をさせたり、広大な畑一面にひまわりを植えて夏の風物詩を演出しています。彼から瀬戸内海の農業について多くのことを学びます。



ヒマワリ畑
島民が丹精込めて育てたヒマワリ畑が我々をを暖かく迎えてくれます。

手島港草刈[7月30日午前中]
毎年、お盆に帰省される方々を気持ちよく迎えるために手島自治会では島民総出で港周辺の清掃をします。農交ネットのメンバーもお手伝いをいたします。



島遍路整備[7月30日午後~]
手島には神社が5箇所とお寺が2箇所あります。また、島内では、八十八ヶ所めぐりができ、春(4/21)と夏(8 /21)の年2回お大師まつりが催されます。集落内の生活道路沿いや海岸や竹林の中にありますが、道が閉ざされたり、ブロックで囲まれているものや、小さい祠になっているものなどの形が崩されています。今回は8番札所(千手観音)から23番札所(薬師如来)までの遊歩道1.5kmの整備をします。

島遍路体験[7月31日午前中~]

コメントをどうぞ