7月5日⾼知市⽂化プラザかるぽーとで総務省四国総合通信局による四四国コンテンツシンポジウムin ⾼知が開催されました。四国四県から1人づつプレゼンテーターが登場し、以下の内容で講演をしました。

【⾼知県】
演題:「まんが王国・⼟佐⾼知からまるごと魅⼒をお届け!」(仮題)
講師:⾼知県 ⽂化⽣活スポーツ部 まんが王国⼟佐推進課 課⻑補佐 ⽥村 知之 ⽒
【徳島県】
演題:「ハイレベルな産品・技術を世界へ売り込め!」
講師:徳島県 商⼯労働観光部 国際課 副課⻑ ⼭⽥ 寛之 ⽒
【⾹川県】
演題:「瀬⼾内の真の魅⼒を世界に 〜⼤学⽣や外国⼈との交流を通じて〜」
講師:四国夢中⼈ 代表 尾崎 美恵 ⽒
【愛媛県】
演題:「ミュージカルを活⽤した海外での地域PR 事業」
講師:株式会社愛媛CATV 常務取締役 ⽩⽯ 成⼈ ⽒

私にとってコンテンツとは「もの」ではなく、「⼈」とのつながりの中で⾃然に⽣まれ、⾯⽩く形作られるものではないかと思っています。これまで実施してきた四国のプロモーション事業を通じて、⽇本⽂化に造詣の深いブロガーがどのようにして「クール四国」のコンテンツを作成していったか紹介しました。

異⽂化の彼等との出会いなしに⾯⽩いアイデアは⽣れてこなかったでしょう。これまで培ってきたネットワークを使って、四国を一層情報発信していくことに情熱を注いでいきたいと思っています。

 



 

 

 

 

コメントをどうぞ