2010ジャパンエキスポ四国夢中人ブース



日本のマンガが一番早く紹介されたフランスでは、空前絶後の日本のサブカルチャーブームがパリを中心にヨーロッパ全域に広がっています。パリのジャパンエキスポは11年前に3千人の集まりでしたが、今年は18万人の若者たちが世界各国から押し寄せて来ました。マンガ、フィギアー、コスプレに折り紙、武道、将棋、書道と日本の非現実と現実の世界が混在している不思議な空間です。そして、日本に思いを寄せる現代のヨーロッパの若者にとって彼等の夢を年に1度実現させるところがジャパンエキスポなのです。
四国夢中人のブースでは「四国遍路」がフランス人歩き遍路体験者によって紹介され、文化ステージてもレオガントレ氏による遍路講演が行われました。更に4省合同ステージでは四国夢中人ボランテア大学生の宮本君による茶道実演がありました。
ブースを飾る善通寺の五百羅漢と瀬戸内海の映像は写真家二宮博之氏と猪子デザイン研究室の猪子進氏のコラボによるコラージュです。この作品をポスター仕上げたのが四国工業写真㈱です。 皆様の素晴らしい才能と技術によって神秘的な四国の世界が映し出されました。ここに並べられたすべての遍路商品はまつおか㈱から提供していただきました。白衣 菅笠 金剛杖 数珠 輪袈裟 持鈴 納め札 納経帳 ろうそく 線香など

今回ボランテアーで我々の企画に参加してくださったアルプス山脈の麓に住むアーテストのレオガントレBlog : http://www.xgantelet.over-blog.com ご夫妻、ピレネー山脈の麓に住む陶芸家のクリスチアン・フィツパトリックさん、九州から駆け付けてくれた大学生の宮本公徳君と上田健君に心から感謝いたします。

コメントをどうぞ